計測技術とシステム制御技術を提供する

株式会社ソフトウェア研究所

027-323-0711

> FAQ > お問い合わせ

製品紹介

Product Information

群馬県農業技術センターとの共同研究開発 ・ ハウス実証 《ぐんま農業新技術》

株式会社ソフトウェア研究所は、長年培った車載制御技術、低電力で動くマイコン回路設計技術、センサー入力・制御出力のための通信技術を活用し、群馬県農業技術センターとの共同研究により、小面積の農地にも適した灌水コントローラーを開発しました。

試作機を農業技術センターのハウスに導入し、トマト育苗や栽培における効果を実証してきました。
また、農林大学校や農家様に試作機のモニター販売による実証・評価をしていただき、使い勝手の良い実用的な製品を完成することができました。

【養液土耕栽培向け】自動灌水コントローラ

型式名: EB-CU300D-ET

■■■ モニタリングで点滴灌水同時施肥ができます ■■■
   (土壌水分センサーの増設で6系統の制御可能)

   【灌 水 管 理 】 土壌水分量と日射量を計測し
            最適土壌水分値を目標に自動灌水制御を行います。

   【養水分管理】 点滴灌水同時施肥ができます!
           ・土壌EC値・土壌温度をモニタリング
           ・系統ごとに2液までの混合器制御が可能です。
           (定時定量設定 : 1日最大24回・0秒~30分間)

   【データ管理】 データロガー機能搭載。
           センサー値、灌水実行記録を自動保存。
           データはUSBメモリにダウンロードできます。

自動灌水コントローラ

型式名: EB−CU300STD

■■■ 2系統までの小規模エントリータイプの灌水コントローラ ■■■

   【灌 水 管 理】 土壌水分量と日射量を計測し
           最適土壌水分値を目標に自動灌水制御を行います。    
           (土壌水分センサー2系統の制御可能)

   【データ管理】 データロガー機能搭載。
           センサー値、灌水実行記録を自動保存。
           データはUSBメモリにダウンロードできます。

≪屋外に設置する場合≫
別途、「防雨ケース」が必要です


2018年4月発売開始

EB-CU300専用制御盤

型式名: EB-BOX3

■■■ 軽量コンパクトな制御盤  ■■■

   取り付け・配線工事、移設収納も容易です!

  ・ ケース外寸520×500×205
  ・ コントローラ本体含む重量13.7㎏

FAQ よくあるご質問

ソフトウェア研究所に関して、多く寄せられる質問と回答をQ&A形式でご確認いただけます。気になることがある方は、ご連絡をくださる前に、是非ご確認ください。

お問い合わせ

お問い合わせフォームに必要事項をご記入の上、ご送信ください。スタッフが内容を確認次第、迅速に対応させていただきます。